So-net無料ブログ作成

話し合うことで何を得るか。 [仕事]

さて。以下記事を踏まえての自分なりのまとめ。多分会議などのビジネス書にはきれいにまとまっているとは思うけど。
「話し合うことで何を得るか。の前段階。」
http://mishika.blog.so-net.ne.jp/2017-12-17-1

話し合いによる情報共有のメリットは認識・共有の即時性、であろう。お互いに何がわかっており何がわかっていないかを共有できていない場合は足並みをそろえる意味で有効だ。
また、観点が不足していることで行き詰っている場合に、多角的な視点や意見を得て即時に解決するためには有効だ。

逆にお互いが認識を共有しており、課題をそれぞれ進めるべき状況であれば、不要だ。

定時状況連絡などはお互いが認識や足並みをそろえるべきで、ずれやすい場合に定期的に同期するために行われる。だから、状況が大きくずれなければ、同期できていることの確認だけになる。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

話し合うことで何を得るか。の前段階。 [仕事]

先日「電話会議したほうがいいんじゃないか」と言われて「何のために?」と返した件があって。
もやっとしているので書く。
「電話会議をしたほうがいいんじゃないか」といった人が、何をするために電話会議が必要と思ったのかは、結局、有耶無耶で終わったので。
本当は、直接話す場合と、メール等のやり取りのほうが良い場合、を自分なりに整理したいが、この件のもやもやが残っていて今一冷静に分析できていないので。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:機械学習 [Technology]

昨今の技術趨勢なので学習してみることにした。
できれば、自分で使えるといい。
とりあえず、データパターンを用意して学習させる、ということができればよさげではあるが。。。

「機械学習 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92

「一から始める機械学習(機械学習概要) - Qiita」
https://qiita.com/taki_tflare/items/42a40119d3d8e622edd2

「機械学習とは SAS」
https://www.sas.com/ja_jp/insights/analytics/machine-learning.html

「機械学習 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92

「機械学習をこれから始める人に押さえておいてほしいこと - Qiita」
https://qiita.com/IshitaTakeshi/items/4607d9f729babd273960

「機械学習超入門 - Qiita」
https://qiita.com/ishizakiiii/items/d422019b52d973e0e28d
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

視点を広く持つことと、地に足がついた情報と。 [仕事]

昔の話を最近思い出している。向上心が高く、ビジネス書などを読み企業の経営戦略を学んでいた人だが、本人に期待されていたのはそれではなかった人のことを。

一般論として、社会人として、広く社会情勢に目を向けること、より上位の視点で俯瞰的に物事を見ることを推奨されていると認識している。
ただ、それは地面から足がつかない状態ではないか、身の丈に合わない視点で自分の立ち位置を見失うことではないか、と不安を覚えた時に、前述の人のことを思い出したのだ。

意識高い系、と評するのは失礼だろう。当時そんな単語もなかったし。
ただ、業務上期待されていないことに焦点を当ててしまって、仕事を失うことになった時になって自分が間違っていたことを知った人を思い出すと、自分が同じ轍を踏んでいないか、不安になる。


不安になっていても仕方ないから、手は動かそう、ちょっとでも技術に触れよう、という結論になるのだけど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:エントロピー [勉強]

調べたいのは情報量のこと。
起こりにくい事象は情報量が多く、起こりやすい事象は情報量は少ない。

「エントロピー - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%BC

「情報量 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/情報量


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

マインクラフトをプレイしている。 [エンターテインメント(MMD,ゲームなど)]

PCを入れ替えた際に、新しいPCに体験版が入っていた。
育成系のシミュレーション系のゲームはあまり入れ込まないほうなので、食指を伸ばしてはいなかったのだが、「よゐこのマインクラフトでサバイバル生活」を見ていて、試しにやってみたくなった。
体験版の時間で、それなりに遊べそうだ、と思ったので、そのまま購入。
その結果なんのかので数か月単位で遊び続けている。
育成系のシミュレーションというよりは、育成もできるオープンワールドの箱庭ゲームというほうが適当か。

最初は生き残るので手いっぱいだったが、慣れてくると建築したり、敵を倒したり、作物を育てたり、探検したり、その時その時でいろいろできる。
とりあえずぼやーっと土を掘りながら考え事しているのも割と落ち着く。

最近、火が燃える暖炉を作った。
Minecraft 2017_11_26 21_10_23.png


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:ロバストネス分析 [UMTP]

システムのバウンダリ、エンティティ、コントロールのクラスに着目してシステムを分析する方法。

「ロバストネス分析 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%88%86%E6%9E%90

「実践ロバストネス分析 第 1 回 ロバストネス分析の基礎 オブジェクトの広場」
https://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/technical/RobustnessAnalysis/RA1/

「ロバストネス図の概要」
https://www.ogis-ri.co.jp/otc/swec/process/am-res/am/artifacts/robustnessDiagram.html

「UTIUML教育研究所-使えるUML 第4回」
http://www.umlcert.org/reading/column/uml3_04.html

「UMLを描こう - Vol_5 ICONIXロバストネス図 アシアルブログ」
http://blog.asial.co.jp/846

「ロバストネス図は素晴らしい - 檜山正幸のキマイラ飼育記」
http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20120618/1339979590
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:ザイオンス効果 [勉強]

単純接触効果のこと。
対象に接触回数が増えれば増えるほど好感を持つ効果のこと。

「ザイオンス効果 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?&q=%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C

「単純接触効果 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%B4%94%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:リンゲルマン効果 [勉強]

先日マネジメント関係の学習をした関係の調べもの。
社会的手抜き、ともいう。
集団作業の場合に、各人の出す作業成果や実施する作業量が個人で実施する場合に比べて低下する事象。

「リンゲルマン効果 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C

「社会的手抜き - Wikipedia」
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/社会的手抜き

「社員の「社会的手抜き」を防ぐ方法。成功事例に学ぶ心理学テクニック – 世界はココロで出来ている 消費心理学のお話」
http://www.shinrimarketing.com/soshikishinri/51/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

調べもの:LIDAR(Light Detection and Ranging / Laser Imaging Detection and Ranging) [Technology]

レーザー光を発信し反射で戻ってくるまでの時間により反射した箇所にあった物体などを検知する技術。

「LIDAR - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=LIDAR

「LIDAR - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/LIDAR

「いまさら聞けないライダー(Lidar)入門 TechCrunch Japan」
http://jp.techcrunch.com/2017/02/13/20170212wtf-is-lidar/

「自動運転カーの実現で大きな位置を占める「LIDAR」が抱えている問題とは - GIGAZINE」
http://gigazine.net/news/20170402-self-driving-cars-spinning-laser-problem/

「自動運転用センサーで「ライダー」が台風の目に:日経ビジネスオンライン」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/264450/081300041/?P=2&mds
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog